小学生で出会っておきたい55の言葉

55の言葉

「小学生で出会っておきたい55の言葉」
覚和歌子 編
PHP研究所 1200円(税別)

小学生でも読みやすい、名言集のような本。
未来を夢見てワクワクしながらも、勉強や友だちの悩みが芽生える時期を支え、
勇気づける55の言葉、だそうです。

覚和歌子さんは、「千と千尋の神隠し」の歌の作詞や、合唱曲の作詞をされるなど、
詩や歌で幅広く活躍されている詩人さんです。
覚和歌子さん、谷川俊太郎さんらの詩や、ことわざ、
岡本太郎、ウォルト・ディズニー、トーベ・ヤンソン、ゲーテなど
時代を超えて残る言葉たち。
小山宙也さん(漫画「宇宙兄弟」から)の言葉は、
わたしもいつも涙して読んでいるものです。

わたしの詩からも、選んでいただき、光栄です。

文字も大きく、とても読みやすい本なので、おすすめです。
わたしが読んでも、とても励まされたり、うーん、そうだなあと考えさせられたりします。

今日発売ということで、広まって欲しいなあと思う一冊。
どうぞよろしくお願いいたします。
  • -
  • -

いのちをみつめる詩

いのちをみつめる

子どもといっしょに読みたい いのちをみつめる詩
水内喜久雄 編著 
たんぽぽ出版 2013年
1800円+税

今日発売になりました。

みんなが笑顔いっぱいになりますように。「いじめ」も「暴力」もいらない、子どもたちの世界も大人たちの世界も。そんな祈りをもってどうしても届けたい50編の詩。
1 いのちの重さを感じて(ぺんぎんの子が生まれた(川崎洋)
小さな質問(高階杞一) ほか)
2 いろんな自分を発見!(おと(工藤直子)
わたし(工藤直子) ほか)
3 すばらしい世界に生まれて(手紙(鈴木敏史)
世界はきらきらでみちている(新美亜希子) ほか)
4 あなたは一人じゃない(ぼくの名前(磯純子)
れんげ畑で(みつはしちかこ) ほか)
5 さあ、少しだけ前へ!(風(江口あけみ)
チェンジ(藤真知子) ほか)
谷川俊太郎さん、まど・みちおさん、大好きな詩人さんや歌手の方と一緒に載せてもらいました。

あわやまりの詩は
2、いろんな自分を発見!の章の「そのスープの外へ」という詩です。
このブログでもご覧になれます。
http://mari.awanomori.net/?eid=15

いろんな方の詩が載っているので、楽しみながら読める本です。
こころに、届きますように。

どうぞ、よろしくお願いいたします。
  • -
  • -

続・一編の詩があなたを強く抱きしめる時がある

続一編の詩が

水内喜久雄 編
PHP研究所 2011年

あまりにも大きな悲しみに心が沈み込んでしまいそうなとき、どうかこの本を開いてみてください。さりげなく悲しみや痛み、涙に寄り添い、心をあたためてくれるのは一編の詩かもしれません。編者・水内喜久雄による50編のアンソロジー詩集。

内田麟太郎/高丸もと子/森山良子/石津ちひろ/清水とし子/関今日子/さくらももこ/原田亘子/みつはしちかこ/永六輔/木村信子/小山千秋/高階杞一/鰐渕欣子/福山雅治/向井千代子/糸井重里/宮本浩次/新美亜希子/高橋芳美/あわやまり/友花/みやもとおとめ/宇佐美孝二/樋口了一/覚和歌子/平原綾香/杉山平一/谷川俊太郎/川崎洋/田口栄一/葉祥明/折原みと/伊藤康子/杉本竜一/藤田恵美/北原宗積/ビートたけし/坂本のこ/山本純子/三島慶子/まど・みちお/高木純子/茨木のり子/吉野弘/小渕健太郎/岡崎純/岸田衿子/新川和江/笠木透


続・ にも載せていただきました。
がんばりすぎて、自分を痛めてしまっているときに、書いた詩です。

「がんばらない」収録
  • -
  • -

ステキな詩に会いたくて-54人の詩人をたずねて

ステキな詩に

水内喜久雄氏
小学館 2010年

この本に、わたしのことも書いていただきました!

(以下amazonより)
2007年4月から2年間、中日新聞の文化欄で連載をして好評を博したコラム「詩と歩いて」の単行本化。
谷川俊太郎、茨木のり子、まど・みちおなど現代を代表する詩人たちの詩集の企画・編集にかかわってきた水内喜久雄氏の詩人たち54人との交友録ともいうべきエッセイ。それぞれ作品を紹介しながら、詩人の詩作にまつわるエピソードを語ります。当初、半年を目処に始まった企画でしたが、読者からの支持が多く、2年間にわたる新聞連載となりました。詩の愛好家だけでなく、感受性の強いヤングアダルト世代への詩の手引き書としても好適の一冊。
  • -
  • -

中高生とよみたい 日本語を楽しむ100の詩

日本語を楽しむ

水内喜久雄 編著 
たんぽぽ出版 2010年

10の章に分かれていて
1、あいさつ模様 2、ゆっくり読んだり、はやく読んだり 3、音を楽しみながら 4、流れを楽しむ 5、漢字を見つめて 6、文法が踊る 7、楽しみながら、こだわりながら 8、歌詞を楽しむ 9、言葉を見つめる 10、暮らしの中の贈り物

の中にわたしの詩は、
7、楽しみながら、こだわりながら に「お疲れ様」という詩、
10、暮らしの中の贈り物 に「生きている」という詩が載っています。

載っている詩は、中高生だけでなく大人も十分に楽しめる詩ばかりで、編者のコメントも一編ずつにあり、とてもおもしろいです。
わたしの大好きな詩人さん、まど・みちおさん、谷川俊太郎さん、辻征夫さん、工藤直子さん、ああ…、書ききれないです。他にも色々な詩人の方の詩が載っています。
また、8、歌詞を楽しむには、椎名林檎さんや、奥田民生さん、甲本ヒロトさん、中島みゆきさん、そして桜井和寿さん、他のも歌詞も載っています(書ききれなくてすみません)。
  • -
  • -

| 1/2PAGES | >>

詩人。物語も書いてます。
東京を中心に活動しています。詩集に「ぼくはぼっちです」、アンソロジーの詩集にも多数詩が載る。Twitter→@AwayaMari
Instagram→awa_mari39

カテゴリー

カレンダー

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

リンク

今見ている記事

過去の記事

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM