「じんわり」

夏にお風呂に入って

ああ、わたし

こんなに冷えてたんだ 

と感じるように

 

ふと入ったマッサージで

ああ、わたし

こんなに凝ってたんだ

と気がつくように

 

色んな大変なことが

ちょっと前まであって

だからこそ

ああ、わたし

今すごいしあわせだなぁ 

ってじんわり

浸みてくるようだ

 

当たり前のようで

奇跡的なしあわせが

浸み込んで

そうだ

熟成されるみたい

 

梅シロップの梅のように

ひたひたに漬かって

じゅわじゅわーと

幾晩もかけて

熟成したら

どんなわたしになるだろう

 

 

(c) Mari Awaya 2017

  • -
  • -

「ため」

いきおいよく

とびだすため

ためはひつようだ

それがたとえ

ひとには

ぐうたら

のんだら

どっすり

しているように

みえても

 

ため

ばねの

いちばんちいさいから

いちばんおおきいまで

とべるように

できる

 

だからこうして

ぐうたら

のんだら

どっすり

しているのも

そのためさ

 

(c) Mari Awaya 2017

「秋美29号」より

  • -
  • -

「空を見ていると」

運命がわたしのお皿から

こぼれていた

それならばそれはもう

わたしの運命ではない

 

もはや

この四角いお皿でなくてもいい

好きな皿を選んでもいいと

気が付いた

夕暮れ

 

(c) Mari Awaya 2016

 

 

 

  • -
  • -

「なにもかも」

なにもかも

上手く行くってことは

本当はないのかもしれない

ほとんど上手く行っているように見えて

大きいか小さいか

わからないけれど

上手く行かないことが

隠れている  

 

だからもしかしたら

なにもかも

どうにもならないってことも

本当はないのかもしれない

本当にもうどうにもならないように見えて

小さな

希望や救いが

そこには混在している

 

その存在に気がつければ

なにもかも

ではなくなり

それはいい方向へ導いてくれる

強く光る星となる

 

(c) Mari Awaya 2016

 

☆お知らせ☆

今年の夏、また絵本展を開催します。

そのイベントで、8/20(土)午後、詩の朗読をすることになりました!

会場は、仙川プラザギャラリー向かいの「仙川フィックスホール」(東京都調布市)。

詳細は、またここでお知らせします、どうぞよろしくお願いいたします☆

  • -
  • -

「正解」

「もうひとつの世界」
 
とパソコンで打とうとして
 
「もうひとつの正解」
 
と打ってしまった
 
でも妙にその言葉が響いて
今のわたしにとって
もうひとつ
正解があるよって
誰かが
教えてくれたのかもしれない


(c) Mari Awaya

 
  • -
  • -

| 1/4PAGES | >>

詩人。物語も書いてます。
東京を中心に活動しています。詩集に「ぼくはぼっちです」、アンソロジーの詩集にも多数詩が載る。Twitter→@AwayaMari
Instagram→awa_mari39

カテゴリー

カレンダー

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

リンク

今見ている記事

過去の記事

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM