「けむり」

それは

ひとつのしかくい

せまいへやで

もくもくたまる

しかいがかすむほどだが

けむりをつくりだすひとには

わからない

 

そして

そのへやのとびらが

あけはなたれた

けむりたちは

きゅうくつさを

もてあましていたから

いきおいよく

でもじわじわと

ドアのそとへでていく

 

そのさきに

そのけむりをすって

せきをし

ほっさをおこし

しんでしまうかもしれないひとが

いても

けむりには

そんなことはわからない

けむりは

そうぞうすることができない

 

けむりはただ

じゆうになりたいだけなのだ

 

 

(c) Mari Awaya 2017

 

*思いの外、HPの公開が遅くなりそうなので、詩の更新、こちらでしていきます、なるべく。

  • -
  • -

「待ちぼうけ」

なんでもいいから

本を買えばよかった

 

この贅沢な

あるいは

無意味な時間を

無駄にしないために

 

それならばやはり

読みたい本を買うべきだった

 

ここにいながら

旅を出来たかもしれないのに

 

 

(c) Mari Awaya 2016

  • -
  • -

「ある日」

まだまだ先のことかと思っていた
それは光って
忽然と現れたかのように思えた
こんなところに
まさか
いつも見ていたはずなのに
 
しかも二本も
それはけれどやはり
綺麗に輝いている
切って手にとると
不思議だ
見えなくなったかのように思える
 
透明のようで
黒々とした髪の毛に中にあると
すざまじい存在感を放つ
わたしの白髪

(c) Mari Awaya 2016
みんなの詩集「夢ぽけっと」2016夏号より
  • -
  • -

「もうひとつの世界」

駅にある
パン屋の隣の
そのカフェは
突き当たりの壁一面が
鏡になっている
空間を広く見せるため
なのかもしれない
 
そのカフェにいると
鏡の向こうには
もうひとつの
違う世界があって
よいしょ
と入っていけば
向こうの世界に
入れそうな心持ちになる
 
向こうの世界のパン屋で
パンを買い
駅からバスに乗って
家に着くと
そこには
誰が待っているのだろうか


(c) Mari Awaya 
「秋美」vol.28より
  • -
  • -

「不安雲」

不安の中にいるとき
濃い霧の中を歩いているようで
こわい
この先に
本当は何があるのか
分からなくてこわい
 
けれど
この先に限って言えば
見えないのは当然なのかもしれない
未来は瞬時にかたちを変えていく
誰も未来を
知ることは出来ない
 
だから
見えなくてこわいと言うより
見えない何かをあれこれと想像して
創り出したものがこわいのかもしれない
それは本当のことではないのに
おそらく不安が創り出す
偏った虚像であるのに
それによって
入道雲のように
不安はどんどん大きくなる
 
そこで
気がつければいいのだ
その雲は
自分の頭の周りだけに
あるということ
その雲にとらわれなければ
それは離れて空気になる
ということを


(c) Mari Awaya 2016

 
  • -
  • -

| 1/7PAGES | >>

詩人。物語も書いてます。
東京を中心に活動しています。詩集に「ぼくはぼっちです」、アンソロジーの詩集にも多数詩が載る。Twitter→@AwayaMari
Instagram→awa_mari39

カテゴリー

カレンダー

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

リンク

今見ている記事

過去の記事

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM